社員紹介

写真
写真

見てくれている方には無様でも、
必死にやれば一生懸命さが伝わる

部長 内藤 友康
画像
転職したきっかけ

自分が「やりたい」と強く思える仕事、やりがいを重視して巧を選びました。

もともと、自分には学歴もなく学業の中ではやりたいことは見つけられず、
自身の働く動機は収入/お金が入り口になっていた気がします。
10代~20代前半は自身の労務時間を増やし収入に。
20代後半は部下やプロジェクトを任せられる環境が増え、評価が対価になり収入に。
30代で確信が持てたのは、自分がやりたいと強く思える仕事だからこそ喜びを覚え、
お客様にも喜んでいただけるサービスとなり、その価値や評価が相互に相乗効果として更に良い結果や次なるやりがいや仕事を生む。
働くうえではやりがいを持ち、そのうえで目標を持ち、挑戦し達成し、更なるやりがいに繋げる環境で仕事したい。

巧には「挑戦し続け志高く成長すること」と言うマインドを強く感じ、そこに共感したことが自分の転機となりました。

巧の仕事のやりがい

可能性を狭めない、決めつけない事でビジネスの可能性を広げられる

写真

巧はチャレンジ精神を忘れず、アイデアを形に創造していく意識・意欲が高い会社です。
空調機の販売も、設計も、工事もお客様のニーズに応える事はもちろん大事ですが、
お客様が気付いていないニーズを創り出し提案をしていける事。
経験やノウハウを活かした提案だけでなく、新しいサービスを考え、チャレンジして行ける、可能性を狭めない、決めつけない事でビジネスの可能性を広げられる事がモチベーションにつながり、楽しく仕事が出来ています。

得られた感動エピソード

必死にやれば一生懸命さが伝わるんだと、とても感動した

まだ若く現場で工事や管理をしていた時のこと。
納期・工事の遅れがあり、現場の工事が間に合わない状況でお客様も引越し作業に入る前日でした。
私は徹夜での作業を希望し、施主の社長様へ渋々ご理解を得て鍵をお借りし、必死で工事を進めました。
私は「頑張る=当たり前」であり、ご迷惑をおかけしており申し訳ない思いで一杯でした。
結果として納品日を1日遅れ、2日目も遅れ、3日の遅れで全てが完了しました。
私も日を追うごとに無力感を強く感じてました。

その3日間、徹夜作業が終わった翌朝。
施主の社長様が毎朝コンビニで「サンドイッチ・牛乳」を私に買ってきて手渡ししてくれました。
 1日目、「食事も採らないと良い仕事できないぞ」
 2日目、「今日も頑張ってくれな」
 3日目、「もう少しだな、がんばれ」

ご厚意は大変ありがたく感じましたが、
お客様にもご迷惑が掛かっており、仕事に対する信用も大きく失っており、「もう次の取引や他の相談はないだろう。」そう感じながら全ての工事を終えて引き渡しが完了しました。

しかしなんと2週間後、ご迷惑をおかけした社長様よりご指名で「あそこの店舗を改装するから頼む」とのご依頼があったんです。

「遅れは君がすべて悪いわけではない。結果は遅れてるが仕事をしてる君の姿・行動を見て、君に頼んだことがベストだったと私は満足してる。だから次は〇〇店を君の手でベストにしてくれ!」とのありがたいお言葉を頂戴しました。

人を見る側面は人によって様々で、仕事に対する評価も人によって様々。
私自身にとっては納期を遅らせていまい無様な仕事でしたが、見てくれている方には無様でも必死にやれば一生懸命さが伝わるんだと、とても感動したのを覚えています。

画像
こんな人と働きたい

向上心がある方、未経験でも経験者でも
これ迄の業界の常識を変えたい、
自分で変えてみたいと思う方。

社内外のあらゆる関係者から常に信頼を勝ち得なければなりません。それだけに責任感は大切な要素の一つです。
やりがいを持った仕事に責任を持ち、新たなアイデアや周りの意見を取り入れられ謙虚かつ意欲のある方と刺激し合いながら共に高め合いたいです。

写真
この社員と同じ募集職種営業
様々なお客様にご提案をしながら、巧では多くのチャレンジが出来ます。業界を変える一役を一緒に担いませんか?
PAGE TO TOP